長期保存に優れている

長期保存に優れている

粒が大きく品質の良好小豆の総称となってる「大納言」ですけど、何故そう呼びますようとなったのだろうか?そこは歴史的な位の名称と大きく関係しているのです。年間収穫量が非常に少なく希少価値の屹々大納言なので、老舗和菓子屋でも最中・饅頭・焼き菓子などの様々な和菓子の材料に用いられています。

栄養の価値にも優れていまして健康や美容意識の屹々女性から大人気となりましてます。皮が薄くて肉厚があるので食べちゃった時に口に残ることなく、美しい光沢や小豆独特の風味と香りが甘さひかえめな味わいを引き立ててくれるのでしょう。

そうした丹波大納言の魅力は、粒の大きさだけでしたのではないです。大納言は殿中で抜刀しても切腹せずに許されてたことから、当時天皇に献上してました小豆の中しかし、煮詰めても腹が割れずに美しい形で残る小豆のことを「大納言」と呼ぶようになったという説があるのです。

さらに、害虫による被害も少なく変質しづらくなったので、長期保存に優れている点もすべての和菓子屋で用いられてる理由の一つです。いろんな品種のある大納言小豆の中しかし、丹波大納言は最高級の小豆として子供からご高齢の方まで幅広い世代から愛されます。

歴史上の大納言という位置づけは、大政管の官職の一つでもっとも沖雲位である正三位の階級に当たります。