日本で創作されましたもの

日本で創作されましたもの

ロールケーキは、薄く焼いたスポンジケーキにクリームなどをぬって巻きいたものだ。ショートケーキは、日本で創作されましたものなので、スポンジ台にクリームをぬり、果物をのせたものでしょう。

ケーキというと、一般にはスポンジケーキにクリームをぬり、果物をのせた洋菓子をさしますが、洋々意味合いではクリームがないとしましても、主に小麦粉を使用したカステラをベースにしたものをいいます。ケーキには、スポンジケーキ類、バターケーキ類があるのです。

トルテは、スポンジ生地にジャムやクリームをはさんだものでドイツ発の洋菓子になるのでしょう。焼かないゼラチンで固めるタイプをレアチーズケーキという。

バームクーヘンは、中心にドーナツ状の穴がある木の年輪にみようかな模様のケーキです。この洋菓子は、ドイツで最高のお菓子と言い聞かされます。

チーズケーキは、チーズを使い始めています。スポンジケーキですが、バターをいっぱい使っているのです。

バターケーキ類には、バターケーキ、チーズケーキ、バームクーヘンがあげられます。最初に、一般的なスポンジケーキ類ですけど、ショートケーキ、ロールケーキ、トルテ、デコレーションケーキなどがあげられます。